日焼け止めの正しい塗り方
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
もう夏休みが終わってしまった方もこれからお休みに入る方も、まだまだ暑い日が続きそうですので、体調やお肌の管理に十分お気をつけてお過ごしください。

さて、この時期ピークの紫外線。油断するとすぐにシミができてしまいますので要注意です。朝起きたらすぐに日焼け止めを塗っていらっしゃいますでしょうか?紫外線は窓ガラスを通り越して室内まで進入するので、外出予定がない日でも朝起きたら必ず日焼け止めまで塗るようにしましょう。

また、日焼け止めの効果を十分発揮させるためには、日焼け止めの『塗り方』も大切です。朝のスキンケアをおろそかにしていると、せっかく日焼け止めを塗っても、UVカット効果を低下させてしまうことがあります。化粧水・美容液・クリームなどのスキンケアを省き、洗顔後にいきなり日焼け止めを塗ったり、化粧水だけ塗った後すぐに日焼け止めを塗る方がいらっしゃいますが、このような使い方は日焼け止め効果が半減してしまいます。

特に『紫外線散乱剤』の日焼け止めは、脂を吸う性質があるため、しっかりと保湿をしてから塗らないと乾燥してしまいます。紫外線散乱剤の日焼け止めは、肌への刺激が少ないことで人気がありますが、保湿ケアがおろそかになると乾燥肌になったり、乾燥から紫外線ダメージを大きくしてしまうことがあるので、日焼け止めを塗る前には必ず化粧水・美容液・クリームなどのスキンケアをしっかりと行いましょう。しっかりと保湿をすることで、日焼け止め効果を十分に発揮できるようになります。

また、日焼け止めには規定量があり、少量しか塗らないと効果が半減してしまいます。通常日焼け止めの規定量はパール粒2個分です。しかし、これだけの量を顔に塗ると、量が多すぎてファンデーションがきれいにのらないことが多いです。そんな時には、日焼け止めを塗る量を少し減らし、UVカット効果のあるファンデーションを使うとよいです。日焼け止め効果のあるアイテムを2つ以上組み合わせることにより、塗りムラなどをカバーすることができます。

まだまだあと一か月くらいは紫外線が強いシーズンが続きますので、シミやシワが増えてしまわないよう、しっかりとUV対策をしてくださいね。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!

テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/08/27 12:06】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム | 次ページ