コンタクトレンズやスマホからまぶたのたるみに
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
お正月休みや3連休も終わり、通常運転に戻ってきましたね。
1月は寒さや乾燥が激しくなってきますので、風邪予防や乾燥肌対策をしっかりとしておきたいですね。

さて、今日は多くの方が気にしている『まぶたのたるみ』のお話です。まぶたのたるみは加齢とともに誰にでも起こってくるものですが、加齢以外にもまぶたのたるみを促進する原因があることをご存知でしょうか。それは、コンタクトレンズやスマホ・パソコンなどによる眼精疲労や目の乾燥です。

目の疲れはまぶたをたるみやすくするといわれていますが、目が疲れて目のまわりの筋肉が硬くなると、血行が悪くなり皮膚をたるませてしまいます。とくに長時間のスマホ閲覧やゲーム、仕事などでのパソコン作業、またコンタクトレンズを使用している方は、目にかかる負担が大きくなるためまぶたがたるみやすくなってしまいます。

スマホやパソコンを長時間使用している方は、1時間に一度は目を休ませる時間を設けるようにすると、目の疲れ軽減させることができます。目の疲れをとることにより血行がよくなり、まぶたにかかる負担を減らすことができるため、まぶたのたるみ予防になります。また、パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトは、紫外線によく似た性質を持っているといわれており、目に大きな負担がかかってしまいます。長時間見続ける場合には、1時間に一度5分ほど目を休ませるようにしましょう。

また、まぶたをこすったり引っ張ったりする刺激もまぶたのたるみにつながります。目がかすんだ時やかゆい時、眠くなったときなどに無意識で目をこすってしまう癖のある人は、目元の皮膚に大きな負担をかけています。目をこすることが癖になっている人は、意識して直しましょう。また、コンタクトレンズのつけ外しの時にまぶたを引っ張る癖がある人もたるみの原因になっています。朝は時間に追われて、手早く装着するためについ強く引っ張ってしまいがちですが、できるだけ引っ張らないようゆとりを持って付け外しをするようにしましょう。
まぶたのたるみは老けた印象を与えてしまいますので、できるだけたるむ前に予防していきましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2017/01/14 06:45】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム | 次ページ