便秘解消には水溶性食物繊維が効く
こんにちは。
みなさま元気にお過ごしでしょうか。
いつの間にか夏も終わり、すっかり涼しくなりましたね。
紫外線が徐々に弱くなるこの季節は、夏の肌ダメージをケアするために最適な時期です。夏にシミが濃くなってまった方は、定着してしまう前にしっかりとケアしておきましょう。

さて、今日は便秘解消のためのお話です。女性は便秘の方が多いですが、便秘は体調不良になるだけでなく、肌にとってもよくありません。ニキビやくすみ、アレルギーなどの原因にもなってしまうため、便秘の人は早めに解消することをおすすめします。

腸は『第2の脳』と呼ばれるほど重要な臓器です。ホルモンの分泌もされており、腸の不調は全体の不調にも繋がってしまいます。健康な体や美しいお肌は腸から作られると言っても過言ではありません。余計なものを溜め込まず、いつも腸内を綺麗に保っておくことが大切なのです。

便秘を解消するためには、腸内環境をよくする必要がありますが、そのためにおすすめなのは『ヨーグルトと食物繊維』です。しかし、どちらか一方だけを食べても効果は低いです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、それだけだと『ただ腸内にいるだけ』で、便秘解消にはなりません。いくらヨーグルトを食べても便秘がよくならない人は、食物繊維が不足している可能性が高いです。

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌に、食物繊維を加えることで菌が活発になり、便秘を解消してくれるのです。2つを同時に食べるには、バナナヨーグルトなどのフルーツヨーグルトがおすすめです。

また、便秘にはよく食物繊維がいいと言われますが、もし間違った摂り方をすると、逆に便秘を悪化させることになってしまうので要注意です。食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、便秘解消に効くのは『水溶性食物繊維』です。便をやわらかくし、排泄を促す効果があります。


一方、『不溶性食物繊維』には便の量を増やして排便を促す作用がありますが、便秘の人が摂取すると、便が固くなって出にくくなってしまうことがあります。ちなみに、便秘に良さそうなイメージのサツマイモに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維です。便秘を解消しようと思って食べたのに、逆に悪化してしまったなんていう経験はありませんか?もし便秘を解消したいなら、水溶性食物繊維を摂りましょう。


水溶性食物繊維が多く含まれる食品は、こんぶ、わかめ、もずく、めかぶ、こんにゃく、さといも、ごぼう、かぼちゃ、キャベツ、大根、熟した果物など。不溶性食物繊維は、りんご、大豆、ごぼう、サツマイモ、穀類、未熟な果物などに多く含まれています。

水溶性食物繊維とヨーグルトを食べて、今すぐ便秘を解消しましょう。

◆◇◆新規ご来店キャンペーン!
フェイシャルエステを新規でご予約の方に各コース・トライアルプライス実施中!



テーマ:めざせ 美肌! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2016/09/24 11:52】 | お肌の豆知識 | page top↑
| ホーム | 次ページ